読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goal attempters

現役サッカープレイヤーも、サポーターも、「年中夢球」でサッカーに酔いしれながら、それぞれのゴールを目指していきましょう。

Goal attemptersを開設しました

 こんにちは。ルートと申します。

 

この度、「Goal attempters」というブログを開設させていただきました。

 

「goal attempt」というのは、サッカーで言うところの、

「ゴールを試みた回数」のことを言います。

 

 

枠内に飛んだシュート、枠外に飛んだシュート、

全てを合わせて、「goal attempt」と呼ぶわけですね。

 

 

それがattemptersとなっているので、

 

このブログのタイトル、Goal attemptersとは、

「ゴールを目指した人たち」という造語になっています。

 

 

そう、それは私たちのことです。

 

 

私たちは、日々、いろいろなことに挑戦しています。

頑張って入った学校で、楽しい毎日を過ごせることもあれば、

「自分にはもっと別の道が向いているかもしれない」と、意を決して別の道を進むこともあります。

 

緊張して入った会社で、少しずつ覚えた仕事で充実した毎日を過ごすこともあれば、

やはり、「自分にはもっと別の道が向いているのかもしれない」と、別の道を進むこともありますよね。

 

 

人間関係においても、

友人、恋人、家族とも、「充実した生活を送れている」ということもあれば、

お互い熟考した上で、あるいは突然に、

「別々の道を歩まなければならない」というときも訪れたりします。

 

 

 

頑張った結果、「うまくいった!」と感じる、

つまり「ゴールを決められる」こともあれば、

 

「うまくいかなかった・・・」

ゴールを決められなかった、と感じることもあります。

 

 

 

しかし、私たちは毎日を過ごす上で、

「常にゴールを目指している」のは変わりないのです。

 

 

一流のサッカー選手だって、放ったシュート全てが、ゴールに結びつくわけではありません。

 

 

日々の努力の結果、奇跡的なチャンスに恵まれ、

1本でもゴールを決めることができれば、

 

チームメイト、スタッフ、家族、友人、

スタジアムにいる数万人のサポーター、

世界中にいる数億人のサポーターたちの大歓声を浴びながら、

 

 

自らのゴールを喜ぶことができるのです。

 

 

そんな風に、サッカーを楽しみながらも、

1人でも多くの人が、それぞれのゴールを目指せる、

そんな風になればいいなと思ってこのブログを立ち上げました。

 

 

いいことも、わるいことも、

全部ゴールにつながっている。

 

 

そう思えると、日々を過ごすのが、少し楽になる気がします。

 

 

そんな毎日を、ぜひ一緒に過ごしていきましょう!

 

 

2016年4月18日

 

 

管理人:ルート