読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Goal attempters

現役サッカープレイヤーも、サポーターも、「年中夢球」でサッカーに酔いしれながら、それぞれのゴールを目指していきましょう。

【2016friendly】イングランド1-0ポルトガル イングランドのPK戦での勝負弱さは科学的に研究されている?

 

6月3日に行なわれたイングランドポルトガルフレンドリーマッチ

EURO2016出場国同士の試合は1-0でイングランドが勝利しました。

 

 

スモーリングのヘッドで勝利したイングランドは、

トルコ戦、オーストラリア戦に続いてフレンドリーマッチ3連勝中です。

 

イングランドEURO2004と2006年ドイツワールドカップで、

ポルトガルにPKで敗れて敗退という歴史があります。

 

フレンドリーマッチでは勝利できたものの、

EURO2016本大会では、勝利をおさめることができるのでしょうか。

 

ちなみに、イングランド代表のPK戦での勝負弱さは、

イギリスのスポーツ科学者の間でも話題となっています。

 

gigazine.net

 

国際大会のトーナメント戦で、PK戦が導入されてから、

ワールドカップでは3戦全敗、EUROでは1勝3敗中です。

 

  • 1990年 ワールドカップ・イタリア大会準決勝 西ドイツ戦
  • 1996年 欧州選手権準決勝 ドイツ戦
  • 1998年 ワールドカップ・フランス大会ラウンド16 アルゼンチン戦
  • 2004年 欧州選手権準々決勝 ポルトガル
  • 2006年 ワールドカップ準々決勝 ポルトガル
  • 2012年 欧州選手権準々決勝 イタリア戦

サッカーイングランド代表 - Wikipediaより

 

 

ただし、イングランド欧州選手権であまりいい成績を残せていません。

 

 

1980~1992年にかけての4大会では、決勝トーナメントへ勝ち進むことができなかった上、1984年フランス大会では予選敗退を喫した。出場枠が16チームに拡大されて以降も、EURO '96を除いて大きなインパクトを残せず。2000年にはグループステージで、2008年には予選で敗退の憂き目に遭っている。2004年と2012年の大会では準々決勝へ進出したものの、それぞれポルトガルとイタリアにPK戦で敗れた。

 

イングランド – UEFA.comより

 

 

実は、イングランド欧州選手権の決勝トーナメントで、

1勝しかしたことがありません。

 

この貴重な1勝は、

自国開催となった1996年大会の準々決勝で、スペインと0-0で引き分けたあとのPK戦での勝利でした。

(上記の通り、イングランドはPKでドイツに敗れて準決勝敗退)

 

PK戦が苦手なイングランドは、

PK戦でしか勝利したことがないわけです。

 

 

イングランドがEURO2016で好成績をあげるためには、

今季プレミアリーグゴールランキングで1位のケインと2位のヴァーディの活躍が必須ですね。

リーグで合わせて49得点をあげた2人のエースは、本大会でどのような活躍を見せるのか。注目です。